名刺に掲載すべき情報は?

制作それでも名刺を作ってみたい、持ってみたい、切ってみたいという方は、意外と安く制作することができますので作ってみても良いでしょう。ワードやエクセルを用いて自分で作ることもできますし、昨今では名刺を安く作ってくれる業者も登場しています。デザインも比較的自由に決めて、自由度の高い名刺でも200枚を2000円前後で制作できます。シンプルなデザインならばより安く制作してもらうこともできますので、ぜひ活用してみてください。

なお、名刺に書くべき内容は、名前と所属している大学、学部、電話番号、メールアドレス程度がベストです。デザインに凝って制作することもできますが、余分な情報を掲載してしまうとトラブルの原因になってしまうので注意しましょう。たとえばSNSのアカウントなどを掲載してしまえば、それは当然名刺を切った相手が見ることになります。就活という前提があるのですから、ここまでの情報を掲載する必要はありません。最低限の情報のみ、シンプルにまとめた方が無難でおすすめです。また、名刺を切る相手もしっかりと見定める必要があります。誰にも構わず適当に名刺を切ってしまうと、いつの間にか個人情報が晒されてしまい、架空請求などのトラブルの原因になってしまいます。相手を選んで名刺を上手に活用してみてください。

参照サイト|デザイン名刺.net

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket